AIを活用したビジネス分析を具体例を元に分かりやすく解説 | | DataVehicle

コラム

AIを活用したビジネス分析を具体例を元に分かりやすく解説

お掃除ロボットやスマートスピーカーなど、私たちの生活の周りでも活用されることが多くなっていきているAI。IT技術が著しく発達したことにより、ビジネス分析の場面でもAIが活用されるようになってきています。

「AIを活用したビジネス分析をしたいけど、方法が分からない..」とお悩みの人も多いのではないでしょうか?

本記事ではAIを活用したビジネス分析について具体例を出しながら、分かりやすく解説します。

AIによるビジネス分析とは?

AIによるビジネス分析に期待している人は多いかもしれませんが、現在のAI技術ではできないこともたくさんあります。まずはAIによるビジネス分析の現状について確認していきましょう。

AIはコンサルタントや専門家ではない

AIと聞くと「人間の代わりに何でもやってくれる万能な存在」だと思う人もいるかもしれません。残念ながら現状ではそのレベルまでは到達していません。

AIは人間のコンサルタントや専門家のように、分からないことを聞けば何でも答えてくれるわけではありません。

AIを使ってタスクに落とし込んで分析する

いまAIと呼ばれているものは「タスク特化型AI」と呼ばれています。現状のAIによるビジネス分析は、タスクに落とし込んで分析することを指します。AIが経営分析をして「次はこの戦略を取ったほうが良いよ」とビジネスのアドバイスをしてくれるわけではありません。

例えば、企業の売上データなどをAIに読み込ませることで、過去の傾向を分析することができます。その分析結果から、AIによって将来の予測を立てることも可能です。

AIは膨大なデータを読み取り機械学習することで、ビジネス分析を行ないます。AIを活用してビジネス分析をする場合には、売上予測や在庫予測など具体的なタスクに落とし込むことがポイントです。

AIでビジネス分析することのメリット

AIでビジネス分析することにより、さまざまなメリットが生まれます。

煩雑な業務をAIに任せることができる

売上分析や在庫予測といったビジネス分析をする場合、膨大なデータの処理が必要です。人間でも対応できますが、膨大なデータを扱う中で必要なデータを飛ばしてしまったり、Excelの数式を壊してしまったりといったミスが発生する可能性があります。

このように、人間が煩雑な業務に取り組む場合、ミスが発生したり、作業効率が落ちたりといった不都合が発生します。しかし、AIであれば疲れを知らず、24時間365日、ミスなく業務をこなしてくれるでしょう。

膨大なデータを扱う煩雑なビジネス分析はAIに任せ、人間はクリエイティブな仕事に集中することで、企業全体の生産性が高まります。

データに基づく意思決定ができるようになる

IT技術が発達する以前は、経験・勘・度胸のいわゆるKKDによる意識決定が頻繁に行なわれてきました。

インターネット環境やSNSが普及する現代では、顧客や消費者のニーズが多様化しており、以前のような経験や勘に頼る意志決定では通用しない場合が増えています。

AIを活用すれば、企業にある膨大なデータからビジネス分析を行なうことができます。AIには人間でいう「勘「という機能は備わっていません。つまり、完全に客観的なデータのみを頼りにしていると言えます。

AIによるビジネス分析があれば、つまりデータドリブン経営を進めていくことができます。リアルタイムにビジネス分析を行ない、顧客ニーズを的確に捉えましょう。

AIを活用したビジネス分析の具体例

AIを活用したビジネス分析の具体例を紹介します。

AIによる予測分析

商品の需要予測や在庫動向など将来の予測に、AIによるビジネス分析が活用できます。

AIは機械学習のさまざまなアルゴリズムを検討し、より精度の高い手法を選択することが可能です。リアルタイムでAIによるビジネス分析を行うことで、将来の予測もより精度の高いものとなっていくでしょう。

AIによる予測分析があれば、いま取り組む事象が明確になります。

一方で、AIによる将来の予測は例外的な事象に弱いというデメリットがあります。これはAI予測はあくまで過去のビッグデータに基づくものであるからです。

新型コロナウイルスの流行やSNSでの拡散など想定外のことが起こった場合、必ずしも予測通りにはならないということを理解しておきましょう。

特許文献の検索作業

特許文献の検索作業にもAIが活用できます。

特許に関する文章を探すのはかなりの重労働です。この作業をAIを活用して行なおうという動きが活発化しています。

AIを使えば単純にキーワードが含まれた検索結果を表示するたけでなく、キーワードに関連した文章を探し当てることもできるでしょう。

AIはデータや文章だけではなく、画像も認識することが可能です。画像データを登録するだけで類似の商標を検索できるサービスも登場しています。

ビジネスの世界で重要となる特許や商標の検索作業がAIによって簡略化できると、その分研究や開発に力を入れることができるでしょう。

AIを活用したビジネス分析はこれからの領域

多くの人はAIを活用したビジネス分析にコンサルタント的な要素を期待しているかもしれません。

現在のAI技術は、あくまでタスク特化型です。経営判断のような非定型的な難しい判断をAIができるようになるまでには、まだ時間がかかるかもしれません。

AIを活用したデータ分析でデータドリブン経営を実現しよう

ビッグデータやAIという言葉が耳馴染みとなり、多くの人がAI=万能で意思を持っていると考えているかもしれませんが、現在のAI技術はまだそこまで到達していません。それゆえ、AIによる真のビジネス分析はまだまだこれからの領域だと言えるでしょう。

いまのAI技術を活用して私たちにできることは、ビッグデータの分析です。AIを活用して企業が保有するビッグデータを分析することにより、現状分析と将来の予測を立てることができます。

経験や勘だけに頼る意思決定から脱却して、データドリブンな経営スタイルに舵を切るためにも、AIによるデータ分析を加速させていきましょう。

 

データ分析や活用、DX推進に関するお悩み、弊社製品の機能についてご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。