ANAの「dataFerry」テスト採用に関するプレスリリースを発表しました

プレスリリース

20193月29日

全日本空輸株式会社(ANA)
データビークルのデータ分析ツール「dataFerry」をテスト採用
社内に分散するデータのプレパレーション(変換・加工)ツールとして検討

株式会社データビークル(本社:東京都港区/代表取締役社長:油野 達也)は、2019年2月より、国内航空大手の全日本空輸株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:平子 裕志、以下ANA)にデータプレパレーションツール「dataFerry(データフェリー)」をテスト採用いただいたことを発表いたします。

ANAは現在、デジタルテクノロジーを活用して、様々なシステムやIoT機器に分散した情報を集約し、サービスや業務のイノベーションを行っています。更に高度なイノベーションサイクルを実現するため、データ分析に積極的に取り組んでいます。そこで、データ変換・加工作業を効率化するツールとして「dataFerry」をテスト採用することとなりました。

「dataFerry」は業務で蓄積されたデータを分析やAI開発で使えるように加工するためのデータプレパレーションツールです。プログラミングの知識がないユーザーでも、多様なデータソースを直感的なインターフェースで素早く加工操作できるのが特徴です。

■全日本空輸株式会社(ANA)について
・会社名:全日本空輸株式会社
・代表者:平子裕志
・発足:2012年4月2日
・所在地:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
・事業内容:定期航空運送事業、不定期航空運送事業、航空機使用事業、その他附帯事業
・URL:https://www.ana.co.jp/group/company/ana/

■株式会社データビークルについて
2014年11月にデータサイエンスツール専門会社として設立されたデータビークルは、「データサイエンスの民主化」をキーワードにプログラム知識なしで使えるデータサイエンスツールを開発、販売しています。
・会社名:株式会社データビークル
・代表者:代表取締役CEO 油野 達也
・設立:2014年11月
・所在地:東京都港区高輪3丁目23-17 品川センタービルディング407
・事業内容:ビックデータの取得、解析、分析に関する事業 等
URL:http://www.dtvcl.com/

■本リリースに関するお問合せ先(報道関係者様)
株式会社データビークル マーケティング担当
E-mail: info@dtvcl.com
TEL:03-6455-7754 FAX:03-6455-7764

(※ 本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。)

※本リリースのPDFはこちらからダウンロードいただけます